ビタミンCの効果と摂取量

肩こり、疲労を解消する力がある

子供たちでさえ、朝から、「疲れたあ」というのが現代の有様なのです。

 

まして、大人は、睡眠をとっても、前日の疲労が回復せずにたまっていくことがあります。

 

ビタミンCにはこの状態を改善する力があるのです。

 

ビタミンCを、毎日、食事でとれる量以上に摂取すると、肩こりがなくなり、疲労が少なくなるのです。

 

疲れがひどいときに、ビタミンCを、ある程度とると、疲れがぬぐいさられるように感ずることさえあります。

 

筋肉のだるさ、肩こり、疲労がぐんと減少するからだ。

 

これは、ビタミンCがからだのなかの生命の流れをよくするからです。

 

たとえば、ビタミンCは、筋肉のなかにたまる疲労物質である乳酸の処理を早めます。

 

ビタミンCは、酸素のむだ使いを減らして、エネルギーの回復をよくし、ホルモンの分泌を正常に保ち、疲労によって発生する細胞の崩壊を少なくするのです。

 

さらに、ビタミンCを積極的にとるようになると、朝の目覚めがよくなります。

 

たとえ睡眠時間が短かかったとしても、目覚めをよくし、仕事に早くとりかかり、能率をあげることができます。

 

末期のガン患者のように、疲労のひどい状態にあっても、ビタミンCを大量に投与すると、全身の状況が非常に改善されます。

 

疲労の大きい人は、一日に1グラムはとるべきです。

 

また、とくに疲れたと思ったときは、すぐにビタミンCを500ミリグラム〜1グラム摂取すると効果的です。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操