細胞の活力を高める

マンガンは、タンパク質の合成や変化、エネルギーづくりに関係して働いています。

 

また、細胞表面を保護するための作用があります。

 

マンガンは全体として、細胞の活力を高めています。

 

そのため、マンガンが不足すると、骨や軟骨などの発育不良、傷が治りにくくなり、糖尿病のもとになるインスリンの合成不良、甲状腺ホルモンの合成不良が生じたり、エネルギー不足のため不活発になり、疲労したりするのです。

 

一日のマンガンの摂取量は、アメリカでは、2.55ミリグラムとされている。

 

しかし、実際には、5ミリグラム前後はとりたいのです。