コリン

コリン

血管を拡張させて血圧を下げるアセチルコリンの材料になるビタミン様物質で、高血圧を予防します。

効用は

コリンは、コレステロールが血管壁に沈着するのを防ぐレシチンの構成要素でもあるため、高脂血症や動脈硬化を防ぐ効果もあります。

 

また、肝臓に脂肪がたまらないように働きかけて、脂肪肝を予防します。

多く含む食品

肉 類 :豚レバー、牛レバー
野菜類 : 大豆、ささげ、えんどう豆

 

体内で合成されますが、飲酒量の多いヒトや脂質を多くとるヒトは食事からの摂取も心かけましょう。

コリン関連ページ

コエンザイムQ10
強力な抗酸化力がある補酵素。
αリポ酸
補酵素として糖質の代謝作用を促進。
強力な抗酸化作用も有しています
ビタミンU(キャベジン)
キャベツから発見されたビタミン様物質。
胃の粘膜を保護・修復する作用から、胃腸薬などに使用される。
ルチン(ビタミンP)
ルチン(ビタミンP)はビタミンCとともに働き、
毛細血管を丈夫にする働きがあります。
イノシトール
ビタミンB複合体で、人体のあらゆる細胞に存在する糖質です。