ルチン(ビタミンP)

ルチン(ビタミンP)

ルチン(ビタミンP)は水に溶けやすく、ビタミンCとともに働き、毛細血管を丈夫にする働きがあります。

効用は

ルチン(ビタミンP)はビタミンCとともに働き、毛細血管を丈夫にする働きがあります。

 

また、毛細血管の収縮緩和作用や血圧降下作用もあり、高血圧や脳卒中の予防にも役立ちます。

ルチン(ビタミンP)を多く含む食品

穀 類 :  そば、 そば茶

 

多く含まれる代表的な食材が「そば」ですが、水溶性のため、茹で汁に溶け出てしまします。
そば湯も.合わせてとるとよいでしょう。

ルチン(ビタミンP)関連ページ

コエンザイムQ10
強力な抗酸化力がある補酵素。
αリポ酸
補酵素として糖質の代謝作用を促進。
強力な抗酸化作用も有しています
ビタミンU(キャベジン)
キャベツから発見されたビタミン様物質。
胃の粘膜を保護・修復する作用から、胃腸薬などに使用される。
コリン
血管を拡張させて血圧を下げ、高血圧を予防します。
イノシトール
ビタミンB複合体で、人体のあらゆる細胞に存在する糖質です。