ビタミン様物質

ビタミンU(キャベジン)

ビタミンU(キャベジン)は抗胃潰瘍因子としてキャベツから発見されたビタミン様物質です。

 

細胞分裂の促進、たんぱく質生成を活発化、傷ついた組織を治す働きなどがあります。

効用は

・粘膜の再生
・胃酸の分泌抑制

 

細胞分裂の促進、たんぱく質生成を活発にする働き、傷ついた組織を治す働きなどがあります。

 

このため、胃の粘膜を保護したり修復する作用から、胃腸薬などに使用されています。

ビタミンU(キャベジン)を多く含む食品

野菜類 :  青のり、キャベツ、レタス、セロリ、トマト

ビタミンU(キャベジン)関連ページ

コエンザイムQ10
強力な抗酸化力がある補酵素。
αリポ酸
補酵素として糖質の代謝作用を促進。
強力な抗酸化作用も有しています
ルチン(ビタミンP)
ルチン(ビタミンP)はビタミンCとともに働き、
毛細血管を丈夫にする働きがあります。
コリン
血管を拡張させて血圧を下げ、高血圧を予防します。
イノシトール
ビタミンB複合体で、人体のあらゆる細胞に存在する糖質です。