ビタミン様物質

コエンザイムQ10

強力な抗酸化作用があり、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも幅広く利用されている。

 

免疫機能を増強するという働きもあります。

効用は

・細胞膜の抗酸化作用
・エネルギー産出

 

 

コエンザイムQ10(別名、ビタミンQ、CoQ10、ユビキノン)はビタミンB群と同様に、
代謝作用つまり体内に摂り入れた栄養素からエネルギーをつくり出す働きに関与しています。

 

また、ビタミンEと同様の抗酸化作用があり、免疫機能を増強するという働きもあります。

コエンザイムQ10を多く含む食品

魚介類 :  イワシ、サバ
肉 類 :  牛肉、豚肉 
種実類 :  落花生

 

 

コエンザイムQ10は加齢とともに減少するので、食事やサプリメントから適量補うとよいでしょう。

コエンザイムQ10関連ページ

αリポ酸
補酵素として糖質の代謝作用を促進。
強力な抗酸化作用も有しています
ビタミンU(キャベジン)
キャベツから発見されたビタミン様物質。
胃の粘膜を保護・修復する作用から、胃腸薬などに使用される。
ルチン(ビタミンP)
ルチン(ビタミンP)はビタミンCとともに働き、
毛細血管を丈夫にする働きがあります。
コリン
血管を拡張させて血圧を下げ、高血圧を予防します。
イノシトール
ビタミンB複合体で、人体のあらゆる細胞に存在する糖質です。