ビタミン様物質

ビタミン様物質

必須ビタミン以外にビタミン様物質と呼ばれる栄養素があります。

 

作用はビタミンと似ていますが、体内で合成されたり、欠乏症が起こらないなどの理由から
厳密にはビタミンの定義と異なる物質ですので、
ビタミンと区別するために、総称して「ビタミン様物質」と呼んでいます。

 

ビタミン様物質はビタミンと比べると、まだまだ研究途上ですので、これからどんどん発見され、増えていくかもしれません。

ビタミン様物質記事一覧

コエンザイムQ10

強力な抗酸化作用があり、生活習慣病の予防やアンチエイジングにも幅広く利用されている。免疫機能を増強するという働きもあります。

≫続きを読む

αリポ酸

αリポ酸は補酵素として糖質の代謝作用を促進する働きがあり、強力な抗酸化作用があります。 肉体疲労、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変などに効果があると言われています。

≫続きを読む

ビタミンU(キャベジン)

ビタミンU(キャベジン)は抗胃潰瘍因子としてキャベツから発見されたビタミン様物質です。細胞分裂の促進、たんぱく質生成を活発化、傷ついた組織を治す働きなどがあります。

≫続きを読む

ルチン(ビタミンP)

ルチン(ビタミンP)は水に溶けやすく、ビタミンCとともに働き、毛細血管を丈夫にする働きがあります。

≫続きを読む

コリン

血管を拡張させて血圧を下げるアセチルコリンの材料になるビタミン様物質で、高血圧を予防します。

≫続きを読む

イノシトール

ビタミンB複合体で、人体のあらゆる細胞に存在する糖質です。

≫続きを読む