ビタミン・ミネラル・ナビゲーション

セレン

■化学記号:Se
■主な作用:抗酸化作用。抗ガン作用。
■性質:骨、肝臓の酵素作用を活性化する。
■こんな人にオススメ:植物性食品の摂取量の少ないヒト。骨粗鬆症予防。セレン

 

 

 

化学記号:Se

 

がん予防の効果があるセレン

 

 

セレンはこんな人にオススメ

 

老化を遅らせたい。

 

がんを予防したい。

 

 

 

セレンはどんな働きをするの?

 

老化やがんを予防すると言われています。

 

 

 

セレンが不足すると、どうなるの?

 

通常の食事で不足することはまずありません。

 

 

 

セレンを摂り過ぎると、どうなるの?

 

通常の食事で摂り過ぎることはまずありませんが、サプリメントなどで摂り過ぎてしまった場合は脱毛や下痢を引き起こします。

 

 

 

セレンが含まれている食品は何?

 

魚介類 :  イワシ、ワカサギ

 

貝類 :  ホタテ

 

野菜類 :  ねぎ

効用は

・抗酸化作用
・抗ガン作用

不足すると

・体の老化が進む。

 

通常の食事で不足することはまずありません。

過剰になると

・脱毛
・嘔吐、下痢

 

 

 

通常の食事で摂り過ぎることはまずありませんが、
サプリメントなどで摂り過ぎてしまった場合は脱毛や下痢を引き起こす場合があります。

セレンが多く含まれている食品は

魚介類 :  イワシ、ワカサギ
貝 類 :  ホタテ
野菜類 :  ねぎ

セレン関連ページ

酸素の運搬。細胞への酸素の取り込み。
エネルギーの産生。
ヨウ素
基礎代謝と発育を促進するヨウ素。
亜鉛
DNA、たんぱく質合成。細胞の新生。免疫機能。
ヘモグロビン合成。抗酸化酸素の活性.。銅。
マンガン
骨の形成。酵素を構成。神経に刺激伝達。
マンガン
クロム
骨、肝臓の酵素作用を活性化する。クロム。
モリブデン
貧血。食道がん予防。モリブデン。