カルシウム

カルシウム

■化学記号:Ca
■主な作用:歯、骨の組織を形成。筋肉の収縮。精神沈静作用。
■性質:人体での吸収率が低い
■こんな人にオススメ:骨や歯が弱い。更年期の女性。成長期の子供。高齢者。イライラしやすい。妊婦、授乳婦。

 

 

体内にあるカルシウムには2種類あります。
全体の99%を占め、骨や歯に貯蔵されている「貯蔵カルシウム」と
のこり1%は血液や筋肉、神経内に含まれる「機能カルシウム」です。

 

このふたつには相互関係があります。
機能カルシウムは血液中に溶け込んで血液凝固や精神安定の働きをします。
また、機能カルシウムが不足すると、骨にある貯蔵カルシウムが放出されて、血中カルシウム濃度が一定に保たれます。

効用は

・精神安定
・歯を丈夫にする
・骨粗鬆症を予防する
・高血圧・動脈硬化を予防する
・筋肉の働きを良くする

不足すると

・骨粗鬆症
・肩こり、腰痛
・イライラ
・高血圧・動脈硬化
・歯・あごの発達不良

 

血液や筋肉、神経内に含まれる機能カルシウムが不足すると、骨やある貯蔵カルシウムが減り、骨粗しょう症になる原因になります。

 

成長期の場合は歯の質が悪くなったり、骨格の形成が遅れます。

 

イライラの原因にもなりますので、集中力も欠如します。

 

過剰になると

・特にありません。

 

通常の食事では摂り過ぎることはほとんどありません。

 

近頃の日本人はカルシウムの摂取量は少なくなっています。にもかかわらず、次の述べるリンはカルシウムの倍の量を摂取しています。

 

すると、カルシウムとリンのバランスが崩れ、上手く吸収されなくなってしまいますので、カルシウムも積極的に摂るようにしましょう。
不足してしまった場合は骨が弱くなってしまいます。

 

サプリメントで摂り過ぎた場合は高カルシウム血症を起こす場合があります。

カルシウムが多く含まれている食品は

魚介類 :  干しエビ、イワシ丸干し、シシャモ、ひじき、昆布、わかめ
野菜類 :  モロヘイヤ、菜の花
乳製品 : ヨーグルト、チーズ、牛乳
豆製品 :  がんもどき、豆腐

カルシウム関連ページ

リン
骨や歯の主成分。細胞膜を構成する。
神経、筋肉を正常に働かせる。ナイアシンの吸収を助ける
カリウム
細胞の浸透圧を維持。血圧上昇を抑制するカリウム
ナトリウム
ナトリウム。
細胞の浸透圧維持。筋肉に弛緩。胃酸の分泌促進。
マグネシウム
マグネシウム。
酵素の作用を活性化する。
塩素
消化促進。pHバランスを調整する塩素。
イオウ
皮膚や髪、爪をつくるイオウ。
フッ素
歯の石灰化促進。細菌抑制するフッ素。