ビタミンとは

葉酸

■化学名:プテロイルグルタミン酸
■主な作用:血液(赤血球)の生成。たんぱく質と核酸の合成。抗体の産出
■性質:水に溶けやすい。光や熱に不安定。
■こんな人にオススメ:口内炎ができやすい。肌荒れ。貧血気味。野菜不足。妊婦。飲酒量が多い。避妊薬やアスピリンを飲んでいる。

効用は

・造血作用
・口内炎予防
・皮膚を丈夫に
・成長促進

不足すると

・貧血
・口内炎

過剰になると

特にありません。

 

サプリメントなどで摂りすぎた場合には発熱や神経障害になる可能性があります。

葉酸が含まれている食品は

野菜類 : 菜の花、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリー、とうもろこし
豆 類 : ひよこ豆、そら豆
果実類 : アボガド、いちご、すもも、柿

葉酸関連ページ

ビタミンB1
エネルギーをつくるビタミンB1
ビタミンB2
脂肪を燃焼させ、皮膚や髪の成長を促す「発育のビタミン」。ビタミンB2。
ビタミンB6
たんぱく質を有効利用して脂肪を代謝させるビタミンB6。
ビタミンB12
葉酸と協力して、骨髄で赤血球のヘモグロビン合成を促し、
悪性貧血を予防するビタミンB12
ビタミンC
コラーゲン合成血管、皮膚、粘膜、骨の強化。抗酸化作用。
ナイアシン
補酵素として栄養素の分解に関わる代謝ビタミン。
パントテン酸
善玉コレステロールを増やしストレスに強くなるパントテン酸。
ビオチン
皮膚と髪を守るビタミン。ビオチン