パントテン酸

パントテン酸

■化学名:ビタミンB5。
■主な作用:糖質、脂質、たんぱく質の代謝。副腎皮質ホルモンの合成。
■性質:水溶性。熱、酸、アルカリに弱い。
■こんな人にオススメ:ストレスを感じる。

効用は

・免疫力強化
・抗ストレス
・善玉コレステロールの増加

 

 

造血作用。核酸の生合成

不足すると

・疲労感
・頭痛
・手足の知覚異常

 

体内でも合成され、通常の食事をしていれば、不足することはまずありません。

 

栄養失調の人は不足することがありますので、疲労感や頭痛が起こる場合があります。

過剰になると

摂りすぎても身体に害はありませんので、多めに摂ることをオススメします。

パントテン酸が多く含まれている食品は

肉類 : レバー(牛、豚、鶏)、もも肉(鶏)
魚介 : カレイ、タラコ、銀ザケ、ウナギの蒲焼

パントテン酸関連ページ

ビタミンB1
エネルギーをつくるビタミンB1
ビタミンB2
脂肪を燃焼させ、皮膚や髪の成長を促す「発育のビタミン」。ビタミンB2。
ビタミンB6
たんぱく質を有効利用して脂肪を代謝させるビタミンB6。
ビタミンB12
葉酸と協力して、骨髄で赤血球のヘモグロビン合成を促し、
悪性貧血を予防するビタミンB12
ビタミンC
コラーゲン合成血管、皮膚、粘膜、骨の強化。抗酸化作用。
ナイアシン
補酵素として栄養素の分解に関わる代謝ビタミン。
葉酸
葉酸。血液の生成。たんぱく質と核酸の合成。抗体の産出を担う。
ビオチン
皮膚と髪を守るビタミン。ビオチン