脂肪を代謝させる

ビタミンB6

■化学名:ピリドキシン。
■主な作用:たんぱく質、糖質代謝。神経伝達物質の生成。
■性質:水に溶けやすい。酸に強い。光、紫外線に弱い。
■こんな人にオススメ:肌荒れ、口内炎。肉をよく食べる。酒をよく飲む。抗生物質を服用している。妊婦。肉や酒をよくとる。

効用は

・皮膚や髪を丈夫にする。
・脂肪感の予防。
・月経前症候群を改善。
・発育促進。

不足すると

・脂漏性湿疹
・口内炎

過剰になると

・とくにありません。
摂り過ぎた分は尿などと一緒に排泄されます。

ビタミンB6が多く含まれている食品は

肉 類 :  レバー(牛、鶏)、ヒレ(牛)、モモ(牛)
魚介類 :  サンマ、カツオ、マグロ、アジ、サケ、サバ、ブリ、ヒラメ
野菜類 :  ピーマン(赤、黄)、さつまいも
穀 類 :  玄米、そば
果物類 :  バナナ、夏みかん、柿

 

 

ビタミンB6の摂り方は?

ビタミンB6はレバー、カツオ、マグロなどの動物性食品にたっぷり含まれています。
新鮮な食材から摂りましょう。

ビタミンB6関連ページ

ビタミンB1
エネルギーをつくるビタミンB1
ビタミンB2
脂肪を燃焼させ、皮膚や髪の成長を促す「発育のビタミン」。ビタミンB2。
ビタミンB12
葉酸と協力して、骨髄で赤血球のヘモグロビン合成を促し、
悪性貧血を予防するビタミンB12
ビタミンC
コラーゲン合成血管、皮膚、粘膜、骨の強化。抗酸化作用。
ナイアシン
補酵素として栄養素の分解に関わる代謝ビタミン。
パントテン酸
善玉コレステロールを増やしストレスに強くなるパントテン酸。
葉酸
葉酸。血液の生成。たんぱく質と核酸の合成。抗体の産出を担う。
ビオチン
皮膚と髪を守るビタミン。ビオチン