ビタミン&ミネラル解説

脂溶性ビタミン

脂溶性ビタミンは、油脂やアルコールに溶けやすい性質をもちます。

体にため込まれるため、とりすぎると過剰症をおこします。

 

脂溶性ビタミンには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミン12、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの9種類があります。

 

「脂溶性ビタミン」は、水溶性ビタミンに比べると、熱には比較的安定で、化学構造が割合に似ています。

 

「脂溶性ビタミン」は、体の中で肝臓などに貯蔵されやすくなっています。

 

つまり、脂溶性ビタミンは、食いだめができて便利ですが、貯蔵されすぎてしまうことによる「過剰症」が起こる場合もあるのです。

脂溶性ビタミン記事一覧

ビタミンB1

■化学名:チアミン。■主な作用:糖質の代謝。脳や神経を正常に保つ■ビタミンB1はこんな人にオススメ:疲れやすい。糖尿病。肩こり、腰痛。酒や菓子を多くとる。運動をするヒト。

≫続きを読む

ビタミンB2

■化学名:リボフラビン。■主な作用:代謝促進。成長促進など。ダイエット効果。■性質:水に溶ける。熱や酸に比較的強い。光に弱い。。■こんな人にオススメ:脂質などの摂取量が多い、運動量、小児、肌荒れが気になる、糖尿病、脂肪肝、ダイエット中

≫続きを読む

ビタミンB6

■化学名:ピリドキシン。■主な作用:たんぱく質、糖質代謝。神経伝達物質の生成。■性質:水に溶けやすい。酸に強い。光、紫外線に弱い。■こんな人にオススメ:肌荒れ、口内炎。肉をよく食べる。酒をよく飲む。抗生物質を服用している。妊婦。肉や酒をよくとる。

≫続きを読む

ビタミンB12

■化学名:コバラミン。■主な作用:造血作用。核酸の生合成。■こんな人にオススメ:貧血。お酒を大量飲む

≫続きを読む

ビタミンC

■化学名:アスコルビン酸。■主な作用:コラーゲン合成、血管、皮膚、粘膜、骨の強化。抗酸化作用。■性質:水に溶けやすい。熱、アルカリ、酸に弱い。■こんな人にオススメ:シミが気になる。風邪を引きやすい。ストレスが多い。タバコを吸う。

≫続きを読む

ナイアシン

■化学名:ニコチン酸、ニコチンアミド。■主な作用:糖質、脂質、たんぱく質の代謝。血行促進。脳神経の働き。肝臓でたいない合成。■性質:水に溶けやすい。熱、光、酸、アルカリに強い・。■こんな人にオススメ:肌荒れが気になる。お酒を多く飲む。冷え性。疲れやすい。ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が不足...

≫続きを読む

パントテン酸

■化学名:ビタミンB5。■主な作用:糖質、脂質、たんぱく質の代謝。副腎皮質ホルモンの合成。■性質:水溶性。熱、酸、アルカリに弱い。■こんな人にオススメ:ストレスを感じる。

≫続きを読む

葉酸

■化学名:プテロイルグルタミン酸■主な作用:血液(赤血球)の生成。たんぱく質と核酸の合成。抗体の産出■性質:水に溶けやすい。光や熱に不安定。■こんな人にオススメ:口内炎ができやすい。肌荒れ。貧血気味。野菜不足。妊婦。飲酒量が多い。避妊薬やアスピリンを飲んでいる。

≫続きを読む

ビオチン

■化学名:ビタミンH。■主な作用:皮膚と髪を守るビタミン。■作用:造血作用。核酸の生合成。■こんなヒトにおススメ:アトピー性皮膚炎。白髪

≫続きを読む