ビタミンB群の効果&摂取量

ビタミンB群不足の特徴

ビタミンB群といわれるものは数が多いのです。

 

ビタミンB群のビタミンは、だいたい似たような働きをもっています。

 

 

また、ビタミンB群は欠乏すると、

 

1.皮膚や粘膜、胃、腸、血管に異常が生じます。

 

2.神経の働きが不正常になり、精神状態が悪くなります。

 

ビタミンB1欠乏では、その影響が、主として、心臓と神経にあらわれ、精神状態が悪くなると特徴があります。

 

もう一つの特徴としていえることは、B群のビタミンの多くが、腸内の腸内細菌によって合成されて、からだに吸収されていることでです。

 

したがって、腸内の状態の良し悪しが、ビタミンB群の摂取を左右することがあるのです。

 

腸内には、数十種類の大腸菌と乳酸菌の有用菌がいます。

 

これらの菌は、人が消化吸収できない多糖類、食物繊維を分解して栄養にして生きています。

 

有用菌が増えると健康が増し、有害菌が増えると不健康になるという影響があるのです。

 

したがって、ビタミンB群の欠乏や補給を考えるときは、食事中のビタミンB群のビタミンと食物繊維の状態、さらに、腸内細菌の状態をも考えなくてはならないのです。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操