ビタミンEの効果と摂取量

ストレス疲労をやわらげ、回復を早める  

ストレスでとくに失われるビタミンは、ビタミンCとビタミンE、ビタミンB群でです。

 

ビタミンEは、ビタミンCとともに副腎に多く含まれ、ストレスに応ずるホルモン・コーチゾンを分泌する副腎の能力を高めますので、ビタミンEを摂取することで、ストレスに耐える力を大きくできます。

 

また、ビタミンEはストレスによる疲労をやわらげて、回復を早めるのです。

 

一日にビタミンEを200〜800ミリグラムとり、ストレスや疲労に応じて増減させるのもよいでしょう。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操