ビタミンEの効果と摂取量

150歳まで寿命をのばす

ヘイフリックの限界。聞きなれないことばでしょう。

 

これは、細胞の寿命は本来、決められているという意味です。

 

「生体細胞に分裂能力を失う期限かある。それは、細胞が五十回ほど分裂したときにやってくる」

 

つまり、細胞には定められた寿命があることを表わしているのだが、細胞にビタミンEを与えると、その寿命が延びるのです。

 

「ビタミンEが不足の食事をとっているグループは、壮年から、めっきり生存率が低下する」という、島根医科大学の家島教授の動物実験では、ビタミンEの延命効果を裏付けています。

 

ビタミンEが欠乏すると、各種の臓器の細胞が過酸化脂質によって傷つけられて、リポフスチンといわれる褐色の沈澱物が細胞の内部にたまってきます。

 

リポフスチンは、過酸化脂質やタンパク質がくっつき合ったもので、老化するにしたがって増えます。

 

リポフスチンは、血管、心臓、肝臓、筋肉、ホルモンの分泌腺など、あらゆるところにできてきますが、ビタミンEが、これを防いでくれるのです。

 

そのために、細胞は若さを保つことができるのです。

 

「適切なビタミンEの補給と栄養のバランス、生活リズムを改善することで、150歳まで生きられる時が来るであろう」といったのは、アメリカのポーツ博士です。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操