ビタミンEの効果と摂取量

黄体ホルモンを正常にし、妊娠の条件をつぐる

ビタミンEのことを、別名トコフェロールともいいますが、これは、「子供をつくるアルコールのようなもの」という意味です。

 

この物質が欠けた実験用のラットは繁殖力がなくなるが、小麦はい芽油を与えると、活発な繁殖力が回復するのです。

 

つまり、小麦はい芽油は、最良のビタミンE源なのです。

 

「夫と妻の双方に生殖能力がありながら、子供のできない夫婦・20カップルに、合成のビタミンEを投与したところ、そのうち10カップルが数力月以内に妊娠した」こう報告したのは、エバンーシュート博士です。

 

これは、ビタミンEが、妊娠の条件づくりをする黄体ホルモンをつくるために働いていることを示しています。

 

また、男性ホルモンは黄体ホルモンが変化したものですから、ビタミンEによって、男性の生殖能力も高まるのです。

 

ビタミンEには精力増進作用がありますので、精力の衰えた人でも回復することが多いのです。

 

女性にも同様に働きます。

 

また、ビタミンEは、流産や早産の危険から母体を守って健康を保たせ、元気な赤ん坊を出産するように働きます。

 

400ミリグラムのビタミンEの投与で、切迫流産を70パ−セントふせぐことができるという報告もあリます。

 

これは、ビタミンEが、ホルモンの充実以外に、胎盤の血行をよくして、酸素をゆきわたらせるためです。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操