ビタミンCの効果と摂取量

体内から有害物質を追い払う

生きるとはどういうことだろうか。

 

外から必要なものをとり入れ、役立てて、要らなくなったものを捨てることです。

 

進化の長い歴史で、体のなかに入ってきた一つひとつのものが、出ていく道筋がつくられてきたのです。

 

ところが、現在、こんなものはとり入れないほうがよいというものが、体のなかにどんどん入ってきているのです。

 

それは、次のようなものです。
1.食品を加工して加えられる着色料や保存料などの食品添加物
2.食品加工の過程で装置などから混入してくる化学物質
3.植物の栽培や家畜の飼育のために使われる農薬、肥料、飼料を通じて入ってくる物質
4.医薬という形で入ってくる生体異物
5.汚染された大気や水、その他の環境を通して入ってくる物質

 

まさに、これらの物質は、ナダレのように、体のなかに入ってきて、それを扱うのに、体は四苦八苦しているのです。

 

無害だといわれるものでも、体がそれを排せつするためには、いろいろな仕組みを働かさねばならないのです。

 

それは、必ず栄養を浪費し、体のどこかに悪影響を与えているのです。

 

まして、有害といわれる物質が体内に入ったのでは大変です。

 

たとえば、有害金属の侵入によって、ビタミンCがどんどん消費されるのです。

 

昔は純白の砂糖や塩でさえ大量にとる習慣はなかったのです。

 

現代のように、それらをたくさんとっていると、体に悪いことは間違いないのです。

 

有機塩素剤の、PCB、DDT、BHCは、親油性で、細胞膜に食い込み、それを狂わせて、障害を与えています。

 

これらの有害物をひきつけ無害にする毒排出システムが肝臓にあります。

 

そこで、働いているのがビタミンCなのです。

 

この解毒作用を効果的にするには、一日に少なくとも500ミリグラムのビタミンCが必要です。

 

現代人、なかでも、病気治療のために医薬を多くとる人は、医薬を処理して、副作用を軽くするために、いっそう多くのビタミンC、各種のビタミン、ミネラルが必要なのです。

 

また、長期入院患者は、ビタミンC欠乏のために、ほとんどが壊血病になっているという調査があるから注意しなければならないのです。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操