ビタミン・ミネラル便利事典

モリブデン、バナジウム、ケイ素、ニッケル 

モリブデン
からだのなかの、肝臓や腎臓などのいくつかの酵素にはモリブデンが必要であるが、その量は少ない。たとえば、貧血にならないためにも、モリブデンが働いている。

 

ふつうの食事で摂取量は問に合っているようである。0.15〜0.5ミリグラムの摂取が適性であるとされている(アメリカ国家調査委員会)

 

 

 

バナジウム

 

バナジウムは、脂質の代謝をよくし、骨や歯をつくるのに働いている。また、貧血の回復を早めるともいわれている。

 

バナジウムが不足すると、脂肪、コレステロールの動きが悪くなって、動脈硬化の傾向が増すといわれる。バナジウムは食事から充分にとれる。

 

 

ケイ素

 

このミネラルは、結合組織、コラーゲンを丈夫にし、皮膚を強く、骨を強化し弾力を与える。小魚に多く含まれている。

 

 

ニッケル

 

ニッケルは必須である。遺伝子が働いて細胞をつくる場合などに、ニッケルが必要ですが、ふつう、食事でとれます。


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操