ビタミン様物質ビタミンU(キャベジン)

ビタミンU(キャベジン)

ビタミンU(キャベジン)は抗胃潰瘍因子としてキャベツから発見されたビタミン様物質です。

 

細胞分裂の促進、たんぱく質生成を活発化、傷ついた組織を治す働きなどがあります。

効用は

・粘膜の再生
・胃酸の分泌抑制

 

細胞分裂の促進、たんぱく質生成を活発にする働き、傷ついた組織を治す働きなどがあります。

 

このため、胃の粘膜を保護したり修復する作用から、胃腸薬などに使用されています。

ビタミンU(キャベジン)を多く含む食品

野菜類 :  青のり、キャベツ、レタス、セロリ、トマト


「むくみ」を知るあなたの知らない健康茶いま知りたいファイトケミカル仮眠と睡眠ヒザ痛改善する体操